不器用なうちのにゃんこ

うちで飼っている雑種のにゃんこはちょっとおでぶさんです。
顔だけ見るととってもかわいいのですが、体はそれに似合わず大きすぎるので、
背中側からみるとボーリングの玉のよう。

 

そんな体型でもう10才をこえましたが、いまだに遊ぶのが大好き。
特に海苔などに入っている乾燥剤がお気に入りで、それを投げると喜んで飛びかかります。
遊んでほしいときは自分から乾燥剤をくわえて持ってくるのですが、
どうも不器用でうまくくわえられないので、一度くわえた後それを右足で自分の口に
押しこんでいる姿をよくみかけます。

 

そんなにゃんこは、時々ドジもやらかします。 
昨日は、お風呂場から「ふぎゃー」というものすごい泣き声が聞こえたので、
何事かと思って確認しにいくと、
風呂ぶたが滑ってふたごと浴槽内に落ちているにゃんこを見つけたり。 

 

今日などは、棚に飛び乗ろうとして棚に敷いてあったクロスごと
床に落ちたり。 
そうしたドジをした後はきまって、自分の体を丹念になめています。
何かの本で、そのしぐさは自身をなぐさめているんだと書いてありましたが、
なるほどです。

 

おそらく野生としては生きていけない猫なのだとは思いますが、
飼い猫しては抜群にかわいいです。